ご紹介、フェレットの全てがわかる

育て方、しつけ方、病気や豆知識etc

フェレット噛みぐせの治し方3選

噛む力の強いフェレットに噛まれて骨にひびが入った人がいると聞いた事があります。

ひびが入る程の力で噛まれるのは珍しいと思いますが、普通に血が出てくるぐらいの強さで噛まれる
事はよくある事なのでより良いフェレットライフを送るためにはしっかり噛み癖をしつけする必要があります。

そこで一般的なフェレットの噛みぐせのしつけ方をご紹介します。

1.叱るタイミング

なかなか噛みぐせを矯正できない人は「叱る」タイミングが少し遅い気がします。
噛まれる→捕まえる→叱るの順番では、はっきりいって遅いです。
噛まれると同時に叱るのが大事です。

なぜ「叱るタイミングが大事なの?」と思う方もいるでしょうが、フェレットは頭が良い動物とは言えません。

噛んでから数秒後に叱っても何をしたか覚えていない為、なぜ叱られたのか理解できないのです。
そうならないためにも噛まれた瞬間に叱る方法を覚えましょう。

2.大声を出して叱る

「噛まれると同時に叱る」のが大事なのはわかったけど、やってみたら簡単にはできませんよね?
顔を掴む、鼻をデコピンするなど叱りかたはいろいろありますが、ここで一番大事なのはタイミング重視で叱る方法です。

そうです!大声を出して叱る方法が一番簡単です。
この方法なら不意を突かれて噛みつかれてもタイミングが遅くれる事は少ないと思います。

噛まれた時はフェレットの名前以外を可能な限り大きな声で叫びましょうw
「じぇ!じぇ!じぇ!」と叫んで頂いてもかまいませんw

ここで間違ってもフェレットの名前を呼ばないようにして下さい。
名前を呼んで叱ると名前を呼ばれたら叱られると覚えてしまい、呼んでも来なくなります。

3.可愛いフェレットのために・・・我慢しましょう

上記の方法を続けていけば噛まれる確率はだいぶ減りますが、確実にしつけれる訳ではありません。
ファームや個体差によって性格がやんちゃな子もいます。

特に飼い始めて一年未満だとまだまだ、大人になりきれず何度も噛み付いてくる事もあるでしょう。

ここでなかなか噛み癖が治らないからと体罰を与えていけません。あなたとフェレットの関係が一層悪くなります。
噛まれる事に我慢して忍耐強くしつけをしていけば、きっとあなたの痛みや思い、そして愛が伝わるはずです。

しかしどうしても噛みぐせが強い子やパワフルな子を飼ってしまい、我慢できなくなったら素肌を見せないようにすれば問題解決です。
やんちゃな時期はこの方法で凌いで下さい。

簡単に覚えるトイレのしつけ

フェレットはだいたい決まった所でトイレをします。
そのため、一度トイレを覚えさせれば、掃除の手間が少なくて済みより良いフェレットライフが送れる事でしょう。

そこでトイレのしつけ方についてご紹介したいと思います。
放牧中の排便にお困りの方は参考にしてみて下さい。

1.トイレのしつけ方(ケージ内編)

フェレットという生き物は部屋やケージの角でトイレをする習性があり、だいたいする場所は決まっています。
ケージ内ではフェレットがよく排便する角にトイレを設置する事で早くトイレを覚えてくれます。

しかし上手くトイレでしてくれない場合、排便してある場所にトイレを設置しなおしましょう。
確率は四分の一ですw
一回で上手くいかなくても複数回すれば、トイレだと認識している箇所にヒットしますwww

また、設置したトイレにフェレットのウ○チを少しだけ置いておけば匂いがついてトイレだと認識してくれるようになり覚えが早いと言われています。
便をしようとするたびに誘導してしつける方法もありますが、ケージ内をずっと見てるのも難しいかと思います。

根気よくしつける事も大切ですが、ある程度はフェレットに合わせてあげる気持ちも忘れずに。

2.トイレのしつけ方(放牧編)

ケージ内のしつけは、結構簡単にできるかと思います。
仮に失敗していてもケージ内ですから被害はそんなにありません。
問題は放牧中ですねw

部屋の構造にもよりますが、これをしっかり覚えさせるかどうかで掃除の量が変わってきます。
わが家ではカーペットをいくつも再起不能にされました。(やれやれだぜぇ)

とはいえ一度覚えてしまえば砂を取り換えるだけなので非常に楽になります。
まだ、トイレのしつけをしていない人はぜひ、試してみて下さい。

1.角を塞ぐ

重くてそこそこの高さ(25cm以上)のあるもので塞いで下さい。
いくら根気よくしつけをしても完璧にトイレを覚えさせるのは難しいと思います。

人間でも小さい子供はたまに失敗してしまうし、男は路上でしている人を見かけますからねw
そんなわけでトイレではない箇所では出来るだけ物でバリケードを作って下さいw

これはトイレを覚えさせるための重要な作業です。
放牧前に必ず行って下さい。

2.トイレだと認識している箇所にトイレを設置。

これは「トイレのしつけ方(ケージ内編)」と同じですね。
トイレに誘導してしつける前にすでにトイレだと思っている箇所にトイレを設置!

案外、1と2だけでトイレを覚えてくれる事もありますし、やっぱりこれがてっとり早いですね。

3.放牧中はできるだけ見ているようにする+脱糞しそうならトイレへ誘導。

放し飼いの人もいるし難しいかと思いますが、放牧中はできるだけ目の届く範囲にいてあげましょう。

個人的な解釈ですが、あまり家にいない時に限って悪さをしている気がします。
例えば、普段しないようなところでトイレをしたり、いつもより部屋を散らかしたりと・・・

フェレットは人間と遊ぶのが大好きで飼い主と遊べる時をいつも楽しみにしていると思います。

寂しがり屋のフェレットは飼い主と遊ぶ時間が少ないと悪戯をして寂しさを紛らわせている。
というのが管理人の考えです。

あくまでうちのフェレットがそういった傾向があるだけで他のフェレットはわかりませんが、家の中でもフェレットにとっては危険があるしできるだけ、一緒にいてあげた方が良いでしょ。

あとは、トイレをする体勢をとったら掴んで砂のある所に移動させましょう。
これを繰り返えせば、しっかりトイレを覚えてくれるはず。

また、トイレや砂の選択も重要。
管理人のおすすめは高さがあるトイレです。

お尻を上げてトイレをするフェレもいるので高さがないとたまにはみ出しちゃいます。
また砂は食べてもよくて水で固まらないタイプにしましょう。

気を付けるべき点はトイレのしつけで叱らない事です。
排便中に叱ったところでフェレットはなぜ、トイレをしたらいけないのかわかりません。

トイレのしつけは根気よく気長に行って下さい。
たまに失敗するのが当たり前ってくらいに思ってくれれば良いかと思います。

コンセントかじりの対処方

ぽんたがコンセント類をかじるのが大好きでいくつかコードを破壊されましたw
感電する恐れもあるためできるだけコード類では遊ばないようにしたいものです。

ビターアップルを塗ってしつける

苦味があるビターアップルというものを電気コードの塗る方法。

始めの1、2度は「おえっ!」ってリアクションをして噛むのをやめてくれるがしつこい子には効果なしwww
クリーム状のものや液体状のものなどがある。

保護カバーを設置する

しつけ方ではないんですがw
これが一番手っ取り早くて安全です。

ビターアップル等を使って根気よくしつけてもいいんですが家にいない時がちょっと不安だし、確実にコードを噛ませないようにするにはこれが一番!

おすすめはスパイラルカバーという商品で巻きつけるだけで簡単にコードに取り付けられます。
また、バラバラになっているコードをきれいに整理するのにも便利!