ご紹介、フェレットの全てがわかる

育て方、しつけ方、病気や豆知識etc

フェレットの種類について

噛み癖が少ない子やがっちりした体格の子など繁殖場(ファーム)によってフェレットにも個性があります。
それぞれのファームではペットとして飼いやすいよう改良されており、その種類は多種多様です。
そこで、ファーム別にフェレットの種類をまとめましたので、フェレット購入の際の参考にして下さい。

マーシャルフェレット

アメリカのニューヨーク出身の都会っ子がマーシャルフェレット。

小さめで細い体格の固体が多く、性格は温和で噛み癖があまりないため、フェレットを初めて飼う方には飼いやすいかと思います。

マーシャルフェレットの証として丸型の刺青が2つ耳に入っているので、耳掃除する時に汚れだと思ってゴシゴシしないようにして下さいw

また、マイクロチップが入っているのもマーシャルの特徴です。

マウンテンビューフェレット

噛み癖も少なく、大人しい仔が多い。
カラーなどマーシャルファームに似ています。

フェレットの耳にマウンテンビュー出身を示す刺青が入っています。

オスは大きくなるフェレットが多いようです。以前は日本にも流通していましたが現在は日本では入手困難です。

しっかりした体つきで顔が丸いのが特徴です。

パスバレーフェレット

日本でマーシャールの次にシェアがあると言われているのがアメリカのペンシルバニア州のパスバレーファーム。

ペット用フェレットのファーム規模ではパスバレーが最大です。
体格はしっかりしていて病気にかかりにくく、頑丈です。

また、顔立ちや毛色、カラーも豊富で良質な固体が安定して入荷される印象があります。
噛み癖も少ない方なので、こちらも初心者にはおすすめ。

ルビーフェレット

アメリカのニューシャロンにあるファーム。

もともとはスカンクの繁殖で成功しているファームらしく、フェレットは毛皮用に繁殖してた。 また、このファームのフェレットは日本でもあまり入荷しておらず、情報も少ない。

固定の繁殖場がなく個人のブリーダーで繁殖とベビーの育成を行い、それから去勢手術をして出荷するため、同じルビーでも「細くて小さい」「がっちりしていて大きい」「噛み癖が強い」「大人しい固体が多い」などいろいろな情報がある。

個人ブリーダーの共通点として、パスバレーを元に様々な種類を掛け合わせているようです。

調べてみたら昔の固体は小柄で噛み癖が強い子が多かったそうですが、最近では、大きくておとなしい固体が多いのだとか。

個人的解釈になるのだが近年では良質なペット化に成功していると思われる。

しかし個人ブリーダーによって傾向が違うため、初心者は手を出さない方が良いかもしれない。

カナディアンフェレット

カナダのバンクーバーで生まれたフェレット。

骨太で体格が良いフェレットが多い、オスは大くなる傾向が強く、筋肉質で丸っぽい顔が特徴。
また、耳に刺青が入っているのもカナディアンフェレットの特徴です。

カナディアンは噛み癖が強いと言われているので、しっかりしつけをする必要がありますね。
ちなみに我が家のあんこもカナディアンフェレットです。

カナディアンフェレットは親が噛み癖を教える前に出荷されてしまうため、噛み癖が強い固体が多いようであんこもしつけるのにだいぶ苦労しました。

ニュージーランドフェレット

ニュージランドの南島の出身。
パスバレーやカナディアン同様、丸顔ですが、ニュージーランドフェレットは独特な丸顔です。
また、あまり見かけないパンタ柄が多いのもニュージランドフェレットならではの特徴と言えるでしょう。

この固体はかなり多きくなる仔が多く、特にオスはとても巨大になりやすいです。
基本1キロ前後のフェレットの体重ですが、この種類のオスは2キロ以上になる事もあります。

ぽっちゃりしたフェレットが好きな人にはたまらないファームですね。
また、原種に近い血統らしく、少し毛が長いです。

噛み癖は強いと言われているので初心者にはあまりオススメできません、どうしても大きい固体が飼いたいのであれば同じニュージランドの北島にあるファームでミスティックという種類がいます。

こっちの方が噛み癖が少ないと言われているので、そちらの方をオススメします。

しかし、太っていて丸顔のフェレットは可愛いですね。
顔はもちろん、肉球や足などもまんまるで可愛いです。

アンゴラフェレット

アンゴラはフェレットの種類の中でもかなり独特で骨太の大きな体と長い毛が特徴。
カラーも豊富にあり、鼻に毛が生える仔もいるようですwww

普通のフェレットの毛は堅めの「トップコート」と柔らかめの「アンダーコート」と言われる体毛でおおわれているのに対してアンゴラフェレットはアンダーコートだけの体毛だ。

そのアンダーコートが5cm~10cm程度と長くなっている。

固体によって多少差はあるが、筋肉もりもりきつい性格の仔が多く、スタミナも他のフェレットに比べるとあるため、フェレットの育成になれている人が飼うのが望ましいでしょう。

値段も高めなので、「いつかは飼ってみたい!」そんなあこがれのフェレットだ。

スカンジナビア

アンゴラの特徴的な長毛を短くしたバージョン。

アンゴラ同様、がっちりしていてやんちゃな仔が多いため、努力と忍耐で噛み癖を直す必要がある。

フェレッツェン

狩り用に使用される為に繁殖されているドイツのファーム。

狩りにつかわれるだけあって、がっちりしていおり、日本ではまず見かけない種類です。

飼っている人がぜんぜんいないため、偏見になってしまうがたぶん凶暴である事が予想される。

ペット用のファームではないので去勢手術や予防注射は個人でお金を出してする必要もある。

フェレット初心者のみならず、ペットとしてフェレットを飼おうと思っている人にはオススメできないフェレットだ。